うたうポリゴン

魔王K++(ケープラ)のポータル兼個人ブログ

真の「ジェンダー学」不足、そしてボイトレ・発声科学には万能型の人材が求められる

 フェミニズム批判シリーズでもあるのだが、本題は別にある。過去記事はこの辺。
maoukpp.hatenablog.jpmaoukpp.hatenablog.jpmaoukpp.hatenablog.jpmaoukpp.hatenablog.jp
「人文学・社会科学vs自然科学」という概念をTwitterで見て「ボイトレ・発声って広義には医学、物理学だから自然科学なのか」とはっとした。ジェンダーバイアスについては社会科学も大いにからむので、まさに両刀使い、ボイストレーナーには両方の教養が必要なのだ。元々は文系が多いと思うが。
 今のポピュラー音楽では古いがそれでも合唱・声楽で根強い「男は裏声出すな、女は地声出すな」的な社会規範が、発声には大いに影響しているのだがあまりその辺を言及してる人は少ない、風地(@huuchi)さんくらいか。だからこそ、ボイトレ評論家の私がやっているわけだが。

 大卒のボイストレーナーなら、レッスンの場で、ミクロではそういう話もしてるかもしれない。しかし、「高音を出すためには裏声が重要です、なので裏声を鍛えましょう」レベルしか言えてないかもしれない。ましてブログなどで発信はしない。ネットの男女論など炎上リスクしかないし、ボイトレオタクは最初そこに興味もないからPVも伸びない。発声指導の現場で、ジェンダー観点は置き去りになっている。
 そもそも、まっとうなジェンダー研究とは以下のような、性差をそれぞれ考察したものだ。


 それが、ジェンダー研究は女性学=フェミニズムから発展した経緯があるもんだから、歪んでいる。彼女たちは本質的に運動家であり「女性差別を解消することが第一」で男性には興味がない。それどころか男性への加害を平気でやる、男性学を叩いて喜んでいるといったどうしようもなさがある。

 そもそも男性学フェミニズム=女性学の間借り状態なのが異常なのである。本来は「ジェンダー学」が親で、女性学と男性学は対等の兄弟のはず、それが女性学の子供扱いになっている。
 ボイトレ評論家を本業とする私が、フェミニズムを嫌悪し、決別するのは必然だった、という気付きがあった。公平・平等なジェンダー研究以外は、私にとってゴミクズなのだ。
 前述の合唱の例では「女は地声出すな」は「男が女を抑圧している」というフェミニズムの正義(憎悪)と合致するが、では「男は裏声出すな」はどうなるのか。これは「男が男を(自傷行為的に)抑圧している」のだが、一切そこには興味がないのがフェミニズムだ。まさしく片手落ちであり、欠陥住宅なのがフェミニズムであり、そもそもの限界かもしれない。

 というわけで、これからもフェミニズムは批判するし、まともなジェンダー研究は応援し、拡散・発信していきたいと思う所存である。

リベラルはドクズだった?


 Twitterでよくあるリベラル派批判である(個々の事実関係を肯定するものではない、あくまでサンプルとして)。前回記事もまさにそういう話だった。
maoukpp.hatenablog.jp
 最近だとこんなこともあった。
ksl-live.com
 私個人で言えば、この件もそう。
maoukpp.hatenablog.jp
 なぜ、リベラル派の悪行は叩かれるのか、不快なのか。掘り下げて考えてみたい。もちろん一言で言えば「普段の主張内容と矛盾するから」で終わりである。自分ができもしないことを主張するのは偽善だからだ。タバコをやめられない人間が禁煙を訴えるようなもので、「お前が言うな」となる。イメージとギャップがあればあるほど、叩かれる。
 しかし、過去が過剰に掘られることも多い。この手の叩きに安易に飛びつくのは危険だ。学生時代にいじめをしたことまで汚点になるのだろうか。
 あくまで過去の悪行が、

  • 大人になってから、現在の名義で、現在進行形である
  • 発言内容と正反対、綺麗に矛盾する

 になっているかが重要だろう。時期と内容、論点の一致が重要なのだ。たとえば人種差別と性差別はレイヤーが違うので、江戸の仇を長崎で討つような批判は的外れである。「雑にリベラルくくりすぎ問題」はよくある。女性蔑視な護憲・反権力論者だっている。

 ともあれ「リベラル」を自称するのは、百害あって一利なしだ。リベラルは生きづらい。一方で権力への批判はするが、品行方正キャラではないリベラルもいる。冒頭ツイの「綺麗事リベラル」に該当しなければいい。
 サヨク臭を消すにはどうしたらいいか。正論専用アカウントになっていると臭う。雑談をすることだ。でもそれだとフォロワー増えないんだよね。。エコーチェンバー、「加速」が重要だから。

 もしかすると彼らはクズな自分を変えたくて、リベラルになったのかもしれない。「メンヘラの学問」である社会学・心理学・哲学と同じで、強くなりたくて学ぶ。実際、男性フェミニストにはその手のタイプがけっこういる。根っこの部分では実は矛盾はないのかもしれない。
 なので、リベラル派は「元々クズだからこそリベラルをやっている」と開き直ればいいのではないか。クズであればあるほど、スクールカースト下位のザコであればあるほど実はリベラルの素養があるのだ。ヤンキー先生みたいなもので、殴って殴られてるから人の痛みが分かるのだ。人権を踏みにじってきたから、人権思想になったのだ。つまりリベラルとは、更生したクズなのだ。いや、更生しきれてないからたまに地金が出てしまうのだ。
 某アニソン風に言えば、『僕たちはドクズだった』。そういうことにしておこうではないか。

最上級・最難関の女性間性加害に対しては、皆ゆっくりと「取り乱し」沈黙する

 ラブリ加害事件について、あまりにも話題になっていないので触れたい。
bunshun.jpnews.yahoo.co.jpfriday.kodansha.co.jp

 ラブリ側の発言を見ても、旅行に行ったこと、そういう行為があったことはほぼ間違いがない。「同意の上だった」という加害者おなじみの自己弁護だ。
 大前提として、権力構造のある人間関係では絶対にこういうことは起こる。毎度のことながらDQNや右翼のいかにもな人間が暴力をするより、人権派リベラルがやらかすとギャップで余計に叩かれてしまう不均衡はあるが、感情的には仕方がない。
 
 同性間だと、ジャニさんの件にしろTVマスコミは沈黙する。去年こんな事件があった。
bunshun.jp
 ネットではジャニさんは叩かれ続けているしワタナベエンタ大澤の件もネットでは話題にはなったが、真剣に怒るというよりネタとして消化される向きが強かった。一般社会でも同性愛だと単純に相手にされなかったり、笑われがち。女→男の性的虐待やセクハラも最近可視化されるようにはなったがまだまだ氷山の一角であり、道は遠い。

 言うまでもなく性加害には男→女、男→男、女→男、女→女の4パターンある。このうちの最上級・最難関が最後の「女→女」だ。

 報道番組でさえ怪しいが、特にワイドショーの司会やコメンテーターレベルではこのネタは扱えない。加害者を「叩きづらい」から、取り上げない。性加害女性を叩くことに、「世間も慣れてない」。いかにジェンダー観が弱いか、衆愚社会かを物語っている。
 悪代官&越後屋→善良町民のようなテンプレ構造「男→女」のケースしか、TVマスコミは取り上げない。不倫ネタにしろ、「最低な男だ!」と加害者男性を糾弾していればいいが、それ以外のケースではできない。
 なぜか。一つには、「性加害者は男でなければならない」という思い込み、さらに同性愛の場合は「同性愛を否定しているようになるから、叩きづらい」という遠慮。

 さて本件、Twitterでもたいして話題になっていない(Togeもあるが一つだけで全然盛り上がってない)。21日だったと思うが文春の第一報を読んだ時、「これは(フェミもアンフェも)荒れるぞ…」と思ったのだがその後TLに流れてくることはなく、危うくそのまま忘れそうになった。
 検索すると「フェミはダンマリ」批判ツイートが散見された。この批判は妥当なのだろうか。よくあるテンプレアンフェに見えるが…。

 実は今回は妥当なのである。被害者が女性だからだ。女→男の加害なら、フェミニストは原理原則的にはダンマリでもおかしくない。男を保護する思想ではないからだ。
 ただ、今回は被害者は女性なので保護すべき存在。しかし加害者が女性なのでバグを起こし、いつものように攻撃できない。だから沈黙する。プログラミングで言うと、WomanExceptionという例外エラーが発生している。これはジェンダー用語「取り乱し」の亜種と言えるかもしれない。

 結局フェミニズムは男を断罪し、貶めたいだけなのが本音で、女ホモソは完全に自浄能力がない。こんなアンフェ論客みたいなことを言いたくはないが、事実なので仕方がない。女性を賛美したい男としては、ひじょうに苦しい。
 ただアンフェもアンフェで、フェミが騒ぎ出してから逆張りをするだけの存在ということが今回よりはっきりした。どちらもダメダメである。

1/24追記:ジェンダー界隈沈黙の謎、マイノリティ特権の気色悪さ

 加害者を擁護する声があり、論外(事実レベルで誤りで、告訴状を提出したのは2019年8月)だが本当に綺麗なミラーリングが起きている。女も性的加害者になるし、セカンドレイプをするのだ。


 本件は完全にMeToo案件なのだが、加害者が男性の時は、フェミニストジェンダー界隈は法的に確たる証拠がなくてもMeToo時点で加害者男性を思いっきり断罪していた。被害者女性と連帯し、応援するのが彼らの正義だからだ。
 しかし今回、Twitterの有名垢、特にジェンダー界隈(LGBT界隈と言ってもいい)が完全に沈黙しているのが不気味だ。この謎を考えていきたい。藁人形叩きになってしまう危険はあるが、反応がない以上、推理で埋めていくしかない。

 前述のたいして盛り上がってないTogeにこんなコメントがあった。

こういことが起こり得るからLGBTとは同じ部屋で寝たくないし、風呂や更衣室、トイレも別にしたい

 なるほど、と思った。こういう方向に議論が進むことを恐れるあまり、ジェンダー界隈はラブリ加害事件を徹底スルーしているのだ。つまり被害者(告発者)よりもLGBT全体イメージの方が大事なのだ。
 ラブリを叩くことがレズビアン、ひいてはLGBT叩きにつながる恐れがあるから怖くて言及できない。LGBTは「可哀想な弱者・被害者」でなければならず、LGBTの人間が悪事を働いたら批判できない。ジェンダー界隈の脆弱性が異常だ。LGBTだろうが殺人をしたら捕まるし、万引きが許されるわけがない。

 もう一つ、沈黙の理由があるとしたら「ラブリへの(レズビアンであるという)アウティングになるから言及できない」だ。ラブリ側の言い分もそうだが、こんなの単なる開き直りの詭弁だろう。じゃあカミングアウトしていない同性愛の加害者はやりたい放題、特権に守られていることになる。そんなバカな話があるか。性犯罪の公表>加害者の秘密に決まってる。
 ジェンダー界隈は性的マイノリティを尊重するあまり、正当な批判ができなくなっている。これが「特権」でなくてなんだ。ラブリを断罪できないフェミニストジェンダー界隈、全員ダメ。ある意味で恐るべき「ラブリ試験紙」…。

 ジェンダー界隈、潔く「今回は被害者女性を見捨てる」「今回は加害者が女性だから擁護まではしないが、事件に一切言及しない」と明言したらどうだろうか。前々から「フェミニズム欠陥住宅、アンフェはダンボールハウス」と言ってきたが、一人の性加害者により、いよいよ致命的な欠陥が明らかになった。「ラブリ試験紙」の威力は、これからも発揮されることだろう。

キンキュー事態宣言についての雑感

 まずはこの記事の続きと弁明。三連休明けだったので、緊急事態宣言後のPCR陽性者数の正確な数字を知るには金曜日の今日を待たねばならなかった。
maoukpp.hatenablog.jp
 第三波はあった。これは完全に私の誤りであった。当時は寒さが厳しくなり始めた時期で、PCR陽性者数は北海道が先行して増えていたことからもそう判断した。お詫びして訂正する。
 ただ、「騒ぎすぎ」「反自粛」という基本的スタンスは変わらないし、GoToに対しての批判も同様。年が明けてから肩身が狭いが、変わらず反自粛の主張を続ける人もいる。全く同感である。
hedgehogx.hatenablog.com

 さて、東京都コロナ対策サイトのURLは上記記事にも貼ってあるので省略するが、最近のデータ。


 去年12月から私はTwitterで「東京都の陽性者数1日3000人までは慌てる必要がない」と主張していた。今回の緊急事態宣言は当然まだちょっと早い程度、だが国民感情もあるし(内容はともかく宣言自体は)仕方ないかなというスタンスだ。全てはPCR陽性者数だけを報道して不安を煽るメディアが悪い。最近は重症者数が記事の見出しになることが増えた。陽性者数が過去最大でないなら、「医療崩壊」推しなのだろう。
 前回の緊急事態宣言にしても、結局国は重症者数を見ていたことになる。東京で100人超えると危ないということなのだろう。陽性者数だけなら、去年4月は少ないからだ。陽性者数なのか、重症者数なのか、緊急事態宣言を出す・解除するにあたり国はずっと具体的な数値目標を出さないところが本当に終わっている。GoToにしても(私は批判的だが)どこまでの数値ならやるのかをはっきりさせればまだ許せたのだ。
 都知事の小池は昨日になってテレワークをアピールしだし、保険を張り始めている。「飲食店だけをいじめるつもりはなかった」「緊急事態宣言であまり効果がないのはテレワークが不十分だからだ」というアリバイ作りだろう。特措法の罰則作りも、小池とワイドショーが煽っている。テレワークやらない大企業も罰したらいいんじゃないの。国・都・メディア、全ての罪が重い。この国の権力は腐り果てている。

 2回目だし、今回は飲食店のみということでサイゼ社長に限らず飲食業界はとても怒っているし、国民もなめている。国もやる気がない。まさに「キンキュー事態宣言」状態。今日の東京都の陽性者数2001人からして、やはり飲食店だけをいじめても効果はさほどないことがわかった。もちろん潜伏期間だったり、陽性のまま放置してたまたま今週検査を受けた人もいるかもしれないが。
 この程度の効果じゃ、当然1ヶ月では終わらない。じゃあどうするのか。この国の迷走は当分続きそうである。今年は確定申告しなくていいとかにならないかな。無理か。そういうところだけちゃんとしなくていいので、どうせならもっと腐ってもらいたい。

市場・企業に甘やかされるアラフォー世代、その「特権」

 ファミマのブランド「お母さん食堂」への女子高生たちの反対運動がネットでは一部話題になっている。別にこの運動に賛同する気はないが、言いたいことはわかる。
 まず一発屋芸人のような世代間知名度に偏りがあるコンテンツだということ。そして、ふざけた女装ネタキャラ(ママという変化球ではあるが)が今の時代、ジェンダー的にもアウトということ(もし「男のママ」を真剣に推すのならガチの女性になりたい男性を使うべき)。二重の意味でスベっており、三流マーケティングと言うほかない。

 そんな中、こんな意見を読んでモヤモヤしてしまった。

(我々)アラフォー向けマーケティングだから、若い世代にウケなくてもOK
香取慎吾慎吾ママ)が好きだからOK

 ちなみにこの件は、鬼滅マーケティングが気に入らない場合のように「嫌なら買うな」の次元の話ではないし、そのための抗議運動という前提がないと話にならないが、本題ではないので深入りしない。
 なかなか身勝手な意見だなあという感想と同時に、はっとした。そうだ、私もアラフォー世代だった、と。たまたま刺さらないコンテンツかつ思想的にダメすぎるネタだっただけで、ターゲット層には含まれていた。もし、自分の好きだったコンテンツだったら…。

 我々、アラフォーって相当マーケティングに甘やかされてるんじゃないか。圧倒的マジョリティじゃないか。ちょうど年も改まったことで、年齢に対する意識が強かった。認めたくはないが、私はまごうことなきオッサンである。
おっさんホイホイ」という言葉がある。特にネットはおっさん天国、アラフォー世代はマジョリティだ。以下の記事は2008年当時作成のようだが、面白いことに2021年の今となっては2008年のコンテンツもかなりおっさんホイホイに近い。一つの定義として「15年」という目安が書かれている。
dic.nicovideo.jp
 中高生だった子供も15年経って30過ぎると金を持つ購買層であり、アラフォーになると車や家といった高額商品も買う、まさに全企業にとっての「お得意様」だ。マーケティングの中でもドル箱であり、会社社会でもメインプレーヤーで、一番勢いがある。前述の三流マーケティングも、会議室で盛り上がって決めてしまったのは主にアラフォー世代だろう。
 これは一種の「特権」なのではないか。全人口比の数的マジョリティではないが、市場の中では支配的階級としてのマジョリティだ。テレビ番組だって、主婦狙いにしてもアラフォー世代をメインターゲットに作られている。

 これは反差別でよく出てくる「特権」概念につながる。男性特権、民族的マジョリティ特権など。
 批判は以下の記事に詳しいが、曰く、【特権を指摘された人のなかでも真面目であったり気が弱かったりする人は罪悪感を抱いて、実際に反省や譲歩を行うが、大半の人はムッとなってしまい、相手の側に対する反感をむしろ強めてしまうもの】。
davitrice.hatenadiary.jp
 特権とは本来江戸時代以前の身分制度や、現在では「議員特権」のようなものだ。一握りの人間が、一般人よりすごくオイシイ思いができることを言う。なのでこの概念は、ワードのチョイスをしくじっている(「優越」くらいにしておけばよかった)。1000万以上存在する個体に対し、特権などは存在しない。
 シス女性特権、健常者特権、大卒特権、イケメン・美人特権、運動できる特権、弱者・反差別特権など特権を言い出したらキリがないし、特権論法はあらゆる属性の人間にネイティブ差別者のレッテルを貼るためのものだ。悪質な言いがかりといっていい。
 したがって、「お前らアラフォーはただ存在するだけで、無自覚・無意識でも他世代への加害者だ、悔い改めろ、懺悔しろ」などと人に言うのはダメだ(言われたらぶん殴る)。しかし、そういう意識は持っておきたい。アラフォーは、調子に乗りやすい。
「特権」について言及するとしたら、自虐的・内省的に触れる程度が正しいのだ。だからこの記事は、当事者としてタイトルにあえて「特権」をつけた。一方「特権棒」で他者を殴り断罪することは無意味であり、人として恥ずべき行為だ。普通に「調子に乗るな」と言えばいい。

 まとめとしては、気がついたら集団の中で権力を持っていたとか、マジョリティになっていたということは人生ままあるので、気をつけよう。でも「特権」概念はクソなのでみんなの力で殲滅しよう。

「酒CP」という新概念を作ってみた

f:id:maoukpp:20201219114406p:plain
 私がさっき思いついた概念なので、ググっても全く出てこない。当たり前だ。
 酒のコスパの話ではない。ポケモンGOでおなじみのCP(Cはcombat)で酒を表現してみた。算出方法は簡単、「容量(ml) × アルコール度数」である。

  • 5%の350ml 350 × 5 = 1750
  • 9%の350ml 350 × 9 = 3150
  • 9%の500ml 500 × 9 = 4500
  • 日本酒15%の一合180ml 180 × 15 = 2700
  • ウイスキー40%のダブル60ml 60 × 40 = 2400
  • ワイン12%のハーフボトル375ml 375 × 12 = 4500

 ここからは完全に1日で飲む量を超えるが、

  • 日本酒15%の720ml瓶 720 × 15 = 10800
  • 焼酎25%の900ml瓶 900 × 25 = 22500
  • ウイスキー40%の720ml瓶 720 × 40 = 28800

 普通は、純アルコール量で計算する。
www.suntory.co.jp

通常、純アルコール量は、グラム(g)で表わされ、アルコールの比重も考慮して以下の計算式で算出します。
お酒の量(ml) × アルコール度数/100 ×0.8(アルコールの比重)= 純アルコール量(g)

例えば、アルコール度数5%のビールロング缶1本(500ml)に含まれる純アルコール量は、
500ml × 5/100(=5%) × 0.8 =20gとなります。

 酒CPになんのメリットがあるのかというと、計算が簡単、かつ強そうな数字になる。1万超えはレイドボスクラスで、ポケGOをやってる人にはひじょうにわかりやすい。
 個人的な体感では3000以下なら健康的な適量、6000くらいは行ってしまうなあ。そして1万超えはヤバい。
 酒というのは蒸留酒と発酵酒の違い、それ以外にも個々人で相性がある。単純なCP以外の強さもあり、まさにそれもポケモンと同じ。タイプによる相性を見極め、今日も我々大人、もとい酒飲みは酒というポケモンと戦うのだ。

「自分たち」以外の他者が見えない人たち、見えてて無視する人たち

 あまり気は進まないが、緊急避妊薬(アフターピル)が定期的に話題になるので記事にまとめておく。
note.com
 この記事(以下、「小山記事」)が話題になっていた。
 タイトルにもなっている三つ目の論点は確かにアホで取るに足らない(もちろん有料部分は読んでいない、読む価値もない)が、これに限らず慎重論を言うと解禁派はすぐ発狂して「女性の抑圧者」とか言い出すし、「医者は診療報酬がほしいだけ、既得権益だ!」とか陰謀論を主張する。全く「自分たち」以外の女性が見えてないのだ。これはフェミニズム全体の欠陥でもあるが、今回は深掘りしない。
 小山記事で引用されているBuzzFeedは、ずっと結論ありきの解禁運動をやっている。偏向記事に定評がある媒体だ。今回も露骨に、両論併記のようでいて「さあ産婦人科学会理事長を叩きましょう」という構造になっている。

 私の立場・主張は男女論をやり出した2018年から一貫して変わっていない。


「海外旅行で買えばいい」は今コロナで難しくなってしまった面はあるが。悪用・濫用で言えばレイプサークルも悪用するだろう。薬を配るのは男ではなく女だ(「スーパーフリー」には「ギャルズ」と呼ばれる女性構成員がいた)。とはいえ、そもそもガチのレイプは暗数も多いとはいえそこまでの数じゃない。それだけのために全国の薬局で売れは無茶な話というか、商売にならないだろう。
 もちろん、性犯罪被害以外にも緊急避妊薬の需要はある。だからこそ問題なのだ。「避妊具なしでも、あるいは失敗しても気にせずセックスしたい!」「医者に行くのは面倒だし恥ずかしい!」という欲望を「(全ての)女性の自由や権利」だと主語を大きくして言い換えるのはフェアじゃないし、さらにそれで泣きを見る人もいるので私は慎重なのである(あくまで時期尚早ではと懸念しているだけで、未来永劫ダメとは言ってない)。
 悪用・濫用はもっと身近なところにある。避妊具なしを強要・懇願する男、断りきれない女は確実に増えるし、結果的に望まない妊娠が増えるリスク。前述のBuzzFeed記事によると、アフターピルは72時間以内なら妊娠を98%防げるらしい。ただ緊急避妊薬は性病には無力だし、避妊においてもあくまで併用するのが正しく、避妊具は依然必要である。が、世の中そんなリテラシーの高い人たちばかりじゃない。「100%ではない、でもかなりの高確率」となれば、「まぁいいか」となるのは必然。
 今はまだ小売価格も高いそうだが、薬なんて大量生産されれば安価になる。私が公立中学で見てきたような、中2中3からヤリまくってるヤンキーカップルなんて避妊具を使わなくなるよ。

 政策というのは、メリットとデメリットを議論し、最終的にメリットの方が大きいとなって初めて採用されるものだ。それが、解禁派の論点からは全く抜け落ちている。半径5mの、社会的階層や思想が近しい「自分たち」のことしか考えていない。こういう考え方は、アンチフェミの自称オタクたちにも言えることで、徹底して他者が視界に入っていない。想像力がない。
 頭のいい運動家や活動家の多くは、意図的にそれを無視している。運動を盛り上げるためには、とにかく支持者たちを熱狂させる必要がある。自らの弱点や欠点と向き合う、誠実な議論などはしても意味がない。我らこそが絶対的社会正義、闘争だと煽る。小山記事もそうで、完全にいわゆる確信犯。
 このようなケースはフェミニズムvsアンチフェミという文脈以外にもあふれているし、その二つで言えば両方に存在する。だからいつもの不毛な分断ですねとげんなりする。出家したくなる。記事もこういうまとめにしかならないから、気が進まなかったのだ。