うたうポリゴン

魔王K++(ケープラ)のポータル兼個人ブログ

ドラえもん映画

『のび太の新恐竜』は評判通り、最低のポピュリズム映画だった

ドラ映画評論家として、一応観たので記録。シリーズものとしてはこの記事の続きである。 maoukpp.hatenablog.jpkagehinata-movie.comorangestar.hatenadiary.jp 上記記事で既に批判されている通り、致命的に誤っている「鳥」の進化の歴史。「進化・淘汰」を…

2006-2019ドラえもん映画一気レビュー

分割しても読みづらいので、7000字超えと長いが一気にやります。 maoukpp.hatenablog.jp この記事(概論と『新・鉄人兵団』)の続き。第2期ドラ映画は全て2019年に入ってから、ここ半年くらいで見た。 のび太の恐竜2006(2006年) のび太の新魔界大冒険 〜7…

終戦記念日のシーズンこそ、ドラえもん映画を

はじめに ドラえもんという「便利キャラ=舞台装置」が主演も兼ねるシンプルさ のび太が小学生なので、無駄に恋愛要素をからめないで済む 否定派への反論 ジャイアンとスネ夫がいい奴すぎるし、のび太がカッコよすぎる。原作通りでない ドラえもんの道具=チ…