うたうポリゴン

魔王K++(ケープラ)のポータル兼個人ブログ

名誉男性呼びは差別なのか

 この記事の続きになるが、「名誉男性」という言葉について。
maoukpp.hatenablog.jp
 最近はネットスラングというかTwitterの議論でよく見るが、言葉自体は昔からある。昔はバリキャリ女性や男勝りな女性に対してそう言われていた気もするが。

 過熱するTwitterの議論では、「名誉男性は『名誉白人』を起源とする、ひどい差別用語だ」「女性の尊厳を傷つけている」などの批判がある。そんなバカな。言葉のニュアンスは人それぞれだ。「名誉市民」や「名誉教授」は褒める意味だし、「名誉童貞」なんて茶化す使い方もある。もちろん名誉男性は100%悪い意味だが、だからなんだというのか。名誉男性とは「男性のような女性」であり、「女性でない」とは言ってない。「名誉が男性している」女性である。
 名誉男性呼びは使うべきではないという意見は、フェミニスト側からも聞く。そこでアンケートを取った。


 やはり「男性」という言葉が強烈なのだろう、「男性性女性」は不人気だった。男性性女性と呼んでもダメなのだろうか。
名誉男性を使うな」という批判は、単なる言葉狩りである。いかなる用語を使おうが、「男性寄りの主張をしている女性」ということに変わりはない。いわゆるツイフェミによる雑な認定はあるかもしれないが、それは個人の問題であり言葉のせいではない。

 ネット検索していたら、2016年の小林よしのりさんの記事があった。
yoshinori-kobayashi.com
 氏は最近では伊藤詩織さんをバッシングする女性を批判し、その際にも名誉男性という言葉を使っている。言葉の通りであり、正当な批判である。

名誉男性」という言葉を置き換えたところで、何も解決はしない。抵抗がある人が使わないのは自由だが、「あなたの価値観は男性ですよ」と言ったところで対立は避けられないだろう。

スパロボの精神コマンド「努力」は一体何を努力しているのか

 最近は全然スパロボもやってないが、ふと疑問に思ったので考察してみる。この「努力すると、経験値が2倍になる」という現象は一体なんなのか。むしろ、同じ成果なのに楽をして経験値を稼いでいるように見える。その場の創意工夫程度で、経験値が上がる意味がわからない。効率的に敵を倒すとかならわかるが。
努力 - スーパーロボット大戦Wiki
 仕事で考えてみよう。1週間かけて、一つの成果物を作ったとする。この時の「努力」状態とは事前に、あるいは家で、裏で何か努力をしていて、その結果が花咲いたのだ。頑張っていたから、ただ就業時間内だけ作業するよりもいいものができた=経験値2倍。スパロボの場合でも「敵を倒す」という結果は同じだが、敵を研究したり、自分のトレーニングをやっていたからそれだけ経験値が増えたのだ。

 しかしながら、スパロボの「努力」は戦闘中にかける。これは過去に遡って、「努力」した状態になるということ。つまり…恐ろしい結論になるが、これは事実なので落ち着いて聞いてほしい。

そう、「努力」持ちキャラクターはタイムトラベラーだったのだ…。

 その能力はもっと有効に使ったほうがいいと思うが、何か事情があるのだろう。そんな超能力があると知られたら危険人物扱いされるから、「経験値2倍程度にしておこう」という自主規制なのかもしれない。wikiにもある通り、「努力」持ちはどちらかというと地味なキャラが多いが、とんでもない。その気になれば世界も滅ぼせる、ラスボスよりも恐ろしい人物たちなのだ。

 じゃあお金が2倍になる「幸運」は? 何かとてつもなく黒いことをやってそうである。

子供にTwitterを与えてはいけない—春名・ピッピ氏からの教訓

f:id:maoukpp:20200118182749p:plain この記事への反論記事を、書かねばならなくなった。なんとも遺憾な事態である。
note.com
togetter.com
 私の批判の本丸は、上記Togeの通り春名氏である。春名氏の非道である。根拠もなく「らしいと聞きました」で他人を攻撃するとは何事か。2012年から、彼女のエゴサーチと印象操作には定評があったのだ。
agano-2.hatenadiary.org

 今回はまさか、ピッピ氏=被害者自らアカウント削除の歴史修正するとは思わなかった。よほど批判が腹に据えかねたのだろう。とはいえ、こちらも本丸のためにも、黙ってはいられない。想像を絶する闇堕ちぶりである。
 まず、目を疑った。老眼がついに来たかと。次に、目眩がした。嘘だろと。幻覚であってほしかった。
 noteは元々あったTwitterのID名と同じだし、過去記事もあるしでなりすましの線もなくなった。残念な捜査が進む。
 この記事はなりすましを疑うレベルで内容がひどい。告発記事としても最低である。「フェミニスト界隈」とは一体誰なのか。代表者のアカウント名が2,3あれば「あの周辺ね」とまだわかるのだが。何よりも告発の体をなしていない。主語も明確にせず、ふわっとした集団に対して恨み言を言うだけ。「自分のアンチが全て悪い」という被害者ぶり方は、春名氏にもよく似ているが偶然だろうか。
 バッドフェミの危険性や当人たちの危うさについてはこちらに書いた。
maoukpp.hatenablog.jp
 彼女もまた、その仲間入りをしてしまった。。ネットで女性がアンチフェミに取り込まれるのはよくある悲劇というか。

 根本的に、彼女には以下の自覚がなかった。

  • フェミニズムには相互批判や論争がある
  • 自分が女子高生という属性により(インターネットの男たちに)支持されている存在ということ(自撮りなどのエビデンスがなくても)
  • 差別主義者と対話すべきではない。相手の言説にそれだけの価値を与えることになる。一般男性ならまだしも、差別主義者との「架け橋になる」など構造的にあり得ない
  • フェミニズムの原理原則は「女性の権利拡張・向上」であり、それ以外は管轄外だということ。男性のことなど知ったことではないし、極論すればレイシストフェミニストもありうる

 中でも「アンチフェミもフェミニズムを行使している」という一文には吐き気がした。それはアンチフェミによる混ぜ返しの詭弁でしかないのに。
 彼女が最初からアンチフェミのネカマ・釣り垢だった可能性もある。しかし半年以上の発言内容、世間知らずな感じ、批判への耐性の低さ、さらには未遂に終わったが「対話」ツイキャス(音声のみでも性別はほぼ誤魔化せない)をやろうとしたことからリアル女子高生だったのではないかと私は思うし、この記事もその前提で進める。
 最近、「春名氏にみたいなこと言っている」と批判されたのは、そりゃ高校生の世界ではそうでしょうねという「我々の世代には男女差別はそれほどない」という主張だった。あと数年すればそれすらも変わってしまうのだが。

 彼女の言う、定義不明の「第四波フェミニズム」とは一体なんだろう。高校生=自分たちの世代くらいの意味しかなさそうだが。私もよくやるので造語はあってもいいが、こういう用語の使い方の甘さも論考として落第レベル。本当に恨み言を書き殴っただけ。「私をモノ化するな。」と言いながら、底辺アンチフェミ界隈の錦の御旗になっているのは皮肉というほかない。
全体主義」という言葉も、単なるレッテル貼りでしかない。「どくさいスイッチ」をほしがっているのは彼女の方に見える。
 Twitterでは冷静な議論ができない、というのは正しいし通知がたくさん来てしんどい。だから垢消しする、は個人の自由である。が、そのやり方があまりにも無責任かつ非常識だ。

 結局のところ彼女の思想はフェミニズムではなく、ふわっとした理想主義だった。現実や歴史を何も知らずに「アンチフェミもフェミもみんな仲良く!」というお花畑の住人だった。フェミニズムの原理原則から外れていれば、批判されるのは当然。もちろん過熱してひどい言い方をされたかもしれない。
 前述の私の記事の図の通り、いわゆるツイフェミにはヤバい人はたくさんいて、私も100人くらいブロックされている。彼女たちは男はすぐにブロックする一方、女性や自分たちに絶対逆らわない男性フェミニストへの批判は容赦ない。その攻撃の苛烈さは認めよう。だが、毅然と反論すればいいし、数が多すぎる相手個別に相手する必要はない。それこそ、noteでよかった。「フェミニズム界隈に潰された」とか、Twitterしか見ていないから世界が狭い。

 リアルはもちろん、インターネットはある意味ではそれ以上にひどい男社会である。「男子高校生にはなんの価値もないが、女子高生というだけでブランド価値があり、チヤホヤされる」という社会こそ変えなければいけない。

 さて、単なる反論記事で終わりたくない。今回のまとめとして、

子供にTwitterを与えてはいけない。インターネット男女沼に近寄らせてはいけない。特に女の子は危ない

 という教訓を得られた。これを何かの足しにしてもらえれば幸いである。これから世に出る育児本には、ぜひとも載せてほしい内容だ。

インターネット男女沼には近寄らない2020

 あえて2018年記事と同じタイトルに。年末のツイキャスでも語ったが、新年=2020年の抱負でもある。絶対に達成できないが、あえて将来の自分の晒し上げのために書く。
 もう、インターネット男女沼のパターンは見切っている。

  1. 時事ネタで男女がらみの何かが起こる
  2. 女叩き・アンチフェミ界隈が(なぜか)フェミニズムを叩き始める
  3. 大衆(NMR)がそれに乗る
  4. しゃかりきコロンブス(古い)、はちゃめちゃ・ぐちゃぐちゃの議論になる


 まず時事ネタが発生すると、アンチフェミ界隈からいつもの批判が起こって
maoukpp.hatenablog.jp
 バッドフェミ女性が自分たちこそが「真のフェミニズム」だと主張して
maoukpp.hatenablog.jp
 てんやわんやの大騒ぎになり、収拾がつかないまままた次の時事ネタへ…何万回と繰り返されるTwitter言論ループ。
maoukpp.hatenablog.jp
 NMRに限らず、「フェミニズム叩き利権」のようなものがあって、 ネットの議論は混沌としているが、それは以下のような丼がぐちゃぐちゃに混ざってるから。統一感がまるでなく、ただのまずい飯だ。でも謎の中毒性があり、つい食べてしまう。もしかしたら白い粉でも入っているのかもしれない。
f:id:maoukpp:20200102195247p:plain

 整理すれば捉えられるが、こんな『北斗の拳』的世界の言論に付き合うコストがもったいない。はっきり言って時間の無駄。なんの役にも立たない。

 私はこれまでネット社会・ネット言論系社会評論もだいぶ書いてきた。もう終わりにして、ゲームなどの趣味や仕事関係(IT業界)の記事を今年というか今後はメインにしていきたい(音楽系はnote)。
 でも、また書いてしまうのかな。ここに書いたことはどうせ実行できないので、どうか笑ってやってください。ぐふっ。

女性性適応障害=バッドフェミ女性を分析する

 喪女の記事と同じで、またヤバそうな記事になってしまうが…(ヤバいがゆえに誰も書かない)。一般的には「名誉男性」、私が「バッドフェミ」「ミソジニーの姫」と呼称する人たちについて。
f:id:maoukpp:20191120180857p:plain
 この図はたいへんわかりやすいと評判だったのでついにブログにも載せる(あくまで現代日本、それもネット限定なので注意)。
 今まで、こんなことをよくツイートしてきた。要するにアンチフェミの御輿、錦の御旗になっているのがこの手の女性。


 もはや名指しをするまでもなく、Twitterで有名(というかTwitterでしか有名でない)な「柴田英里 森奈津子 春名風花 ろくでなし子」あたりの女性たちと言えば説明は不要でしょう。ただし、有名垢以外でもちらほらいる。
 代表例は、1年前にバズったこのツイ(この人はそこまでこじらせてないが、主義主張だけをみれば似たようなもの)。

 さて最近、以下の柴田氏のツイートに対して批判をした。共著(それも男2女1という典型的な「女」利用)まで出して、明らかに利益を得ているのになぜと。ただ前半は本音が出ていて、貴重な証言でもある。


 このような女性はどのようにして生まれるのだろうか。いくつか共通する要素はある。

  • 学歴・階層高め。スクールカーストも高め
  • 深刻な男性被害に遭ったことがない
  • オタクにもヤンキーにもなれなかった
  • 「女」が嫌いで女ホモソになじめず、要領がよく逆に男ホモソでうまくいった
  • 分野問わず表現関係を仕事にしているか、熱心なファン
  • 家、特に母親が厳しく(フェミニストor教育ママ)うまくいっていない。自称・毒親育ち(12/3追記)

 あたりだが、今回は具体的になりきってみる。…トレース・オン(またはパーフェクト・トレース)。(以下12/3追記)

 あたしケポ子。東京出身、毒親育ち。30代バリキャリ、Twitterでは匿名で、フェミニスト叩いてオタクウケする姫やってる。それは別に男に媚びるのが目的じゃなくて、ムカつく女を叩きたいから。姫というのは文字通り、下僕とは身分が違う。
 だいたいオタクなんて学校時代はいじめてた存在で、どうみてもそんなのにモテたって意味ない。商売上もオタクは大事なお客さんだから、お金を落としてもらわないとね。もし今でも隣の席にいてキモかったらいじめてやるけど、本当にチョロい。
 
 今風の言い方をすれば実家は太くて、経済的な苦労はしたことがない。でも家は厳しかった。母親や女の親族が嫌いだったが、昔から男ウケはよかった。自分含めた家族の学歴は高め。でも大金持ちってわけじゃない。東京ならこれくらい普通でしょ?
 昔から少年漫画など、男向けコンテンツが好きだった。兄や父の影響もあったと思うが、理由はわからない。学校では女の子らしい、女子グループになじめなかった。女子からは軽いいじめに遭ったこともある。かといってガチオタク女子とも合わなかった。
 でも、小学校高学年くらいからだんだんコツがわかった。なじむ必要はなく、支配すればいい。参考になったのは少年漫画や、ヤンキー男グループのメソッドだった。力こそが正義。
 
 子供の頃からコミュ二ティの中で深く傷ついたことなんてない。男なんて御しやすい。日本語が通じさえすれば、どうってことない。特に性犯罪とか、加害される方がバカなの。
 そもそも上流階級にいたからか、性被害なんて近くで見たことがない。友人知人のひどい目に遭った話も聞かない、せいぜい通り魔的な痴漢の話くらい。それすら私自身はないし、痴漢くらいたいしたことではない。
 だからフェミニストが言うような深刻な差別や加害はこの世に存在しない。あいつら(=フェミニスト)は話盛ってるだけ。カーストの話は同級生はあったと言ってたが、言いがかり。カーストなんてなかった。いじめなんてなかった。
 
 男に困ったことはない。そもそも必要でもないけど。傾向があるとすれば若い時ほどその男の地位・人脈や金など機能重視で、今はセックスパートナー重視。メリットがなければ付き合ったりはしない。同性の友達なんていらないし、メリットがない人間関係自体が不要。
 自分に意見してくるのはいつだって親や教師、そして女子だった。特に生徒会、学級委員長的な優等生女子がずっと嫌い。こいつらだけはずっと思い通りにならない。なんでだろう。普通は空気の力や権力でねじ伏せるが、それが通じない女だけが厄介な敵。大人になってもたまにいる。社会に適応できなかった、反乱分子のくせに偉そうに。そう、あの女(母親)を思い出すから余計に嫌い。
 
 単に気に入らないだけでなく、商売上も邪魔だから消えてもらわないと。一般女性の性被害とか知ったことか。男も女も関係なく、バカ・無能は●ね。
 だいたい真の男女平等やジェンダーフリーになったらこっちが困るんだよ。そんな時代になってみろ。なくなることはなくても、女子アナとかグラドルとかはステータスじゃなくなり、今の水商売や性産業みたくバカにされるだろ。
 適応できる人間にとっては、男尊女卑の方が都合がいい。紅一点もしくはそれくらいの少数だからおいしい。全くコネのないサークル・勉強会などの場所、どこに行っても優遇してくれるし、この生得的地位はゆずれない。来世も女でありたい。

 いつもならバッドフェミのまとめや結論をやるところだが、今回はもはや不要だろう。彼女たちは自覚はないにしろ生きづらさを抱えており、タイトルにもした「女性性適応障害」である。念の為書くとこのワードは個人的な表現であり、医学的なものではない。差別・揶揄的な意味でもなく、治療可能なものである。
 ともかく必要なのは新しいウーマン・リブだ。フェミニズム的なウーマン・リブではなく全く新しいものが。私は当事者でないのでこれ以上そういう運動には立ち入らないが、頑張ってください。むろんバッドフェミ批判は続ける。

(参考記事)
https://www.excite.co.jp/news/article/Escala_20150727_5074602/www.excite.co.jpcakes.musirabee.comwhite-wings-natu.com

26年ぶりの『ゼルダの伝説 夢をみる島』、一つの答え

maoukpp.hatenablog.jp
 この記事の続きです。今回ここの攻略サイトにお世話になった。switch版にも対応していて完璧!
i-njoy.net
 クリア直前(後述)までやったので、リメイク作品としてのレビューを先にする。
 変にイマドキアレンジをせず、リンクも二頭身で当時の世界観、箱庭感を崩さずよくここまで綺麗なリメイクをしてくれた。音楽も素晴らしい。追加・変更要素は上記の攻略サイトにまとまっているが、ここでは全般少ないとだけ。やや物足りないが、リメイクだけで十分価値はあるだろう。
 だが、システム周りが残念だった。

  • 自由に割り振りできるボタンがXYボタンのみ、Aボタンアクション(パワーブレスレットや話す・調べる)、Rボタン盾、Lボタンダッシュ(ペガサスの靴)はまだいいとしてBボタンが剣というのが最後まで慣れなかった。剣固定も納得がいかないし、単にBXYボタンが自由に割り振りできるだけで操作性は全然違った
  • R2L2ボタン(正確にはZRZL)が独立しておらずR1L1と同じ機能になっている。ボタンが増えたのにこの無駄潰し。せっかくトリガータイプになっているR2L2ボタンで弓や爆弾を使いたかった…

 この二点だけが本当に残念で、任天堂さんアップデート対応とか…ないですよね。
 
 さて、ここからが本題。この作品、フクロウに導かれながらリンク(=プレーヤー)は冒険を進めていく。だが、当時から傀儡のような印象があった。最初の方は「信じる道を行きなされ」とか言ってたくせに、途中から脅すように煽ってくる。巧みな誘導だ。
 今回私も言う通りに進める。8つ目のダンジョン「カメイワ」攻略までは。
 以下、私がプレイしたリンクをケポリンク(もちろん泥棒済みで実際は「どろぼー」呼ばわり)とする。

 メーベの村でのんびり暮らし、一向に「聖なるタマゴ」へ向かわないケポリンクの元にフクロウがやって来る。
フクロウ「ホッホウ! ホッホウ! 早く聖なるタマゴへ向かうのじゃ。楽器が揃っただけではかぜのさかなは目覚め…」
ケポリンク「うるさい、命令するな。魔物は島の人間の脅威にならないよう適度に討伐するが、かぜのさかなを目覚めさせる気はない」
フクロウ「なんじゃと!?」
ケポリンク「シャドーがやったことは正しい。俺は大量虐殺をする気はない。だいたい人の気持ちを考えろ、お前はサンデル先生か」
フクロウ「(なぜシャドーのことを知っている?)いや、とにかくそれじゃワシが困る。目覚めさせないと」
ケポリンク「本音が出たな。お前の都合なぞ知らん。…俺は人生に疲れた。こんな居心地のいい、素晴らしい島から出る気はない。それに…俺は、俺は…マリンちゃんといつまでも幸せに暮らすんだっ!! こんな幸せが他にあるだろうか! リアルの女は残酷デー! 婚活女は高望みガー!」
フクロウ「なんと!(こんな非モテ野郎を勇者=『目覚めの使者』にしたのが間違いだった…女をあてがうんじゃなかった……)」
ケポリンク「楽器なんかどうでもよかったし、セキュリティの観点からも、できれば揃えたくなかった。本来オオワシの塔もカメイワもアイテムだけ取って撤退するつもりだったが、オオワシの塔をクリアしないと救出イベントが発生せずモテない、そしてカメイワをクリアしないとマリンがメーベの村に帰ってこないのでやむを得なかった」
フクロウ「そんな細かい解説はどうでもいい! ともかく考え直すのじゃ! 島の人間はたしかに半永久的に生きるが、部外者のお前さんは永遠には生きられん。一人だけ年老いて死んでいくのじゃぞ」
ケポリンク「甘いわ! 空飛ぶニワトリの時と同様、オカリナ『カエルのソウル』を誰かに吹いてもらって何度でも蘇ってやる!
フクロウ「あれは島の生物が誤って死んでしまった時のためのもの、お前さんには効かん」
ケポリンク「お前がそう言うのはわかってるが、信用すると思うか? もうその煽りや誘導は通用しないんだよ。たしかにあれで俺が蘇る保証がないが、別に寿命で死ぬのはかまわんし希望的保険だな」
フクロウ「おのれ。かくなる上は、また別の『目覚めの使者』を用意するしかあるまい…」
ケポリンク「無駄だよ。俺が殺す。魔物たちとも同盟を結んで叩き潰す。思想的に同じなんだから、話せばわかるはずだ」
フクロウ「貴様という男は…シャドー並にタチが悪いな。どんだけリア…いや外の世界が不幸だったんだ」
ケポリンク「なんとでも言うがいい。ダンジョン攻略で強化され、武器も揃った今や、貴様も恐るるに足りん。邪魔だからお前にも永遠に眠ってもらうぞ。眠らせ方は知らないのでシャドーに頼むけど」
フクロウ「この姿は仮の姿よ。ワシの本当の力を思い知れ! 神に逆らう愚か者め、貴様のようなインセルは成敗してくれる」
ケポリンク「本性が出たな。俺にとってのラスボスは、シャドーではなくお前だったのだ。さあ、決着をつけよう!」

 ……26年の時を経て、私が出した答えはこれである。異論は認めない。逆らう者はマジックロッドで焼き払ってくれよう(リメイク版ではフックショット、ブーメランと共に弱体化していて少し残念だったが、細かいことはどうでもいい)。

作成日付を偽装するSEO対策を撲滅したい

 昨日音楽ネタでググっていたら、こんなことがあった。


 要は胡散臭いサイトに出会ってしまったのだった。内容はまともだと思うが、形式が。ブログの移行などで手動コピペしたとかならわかるが、同じ日付で大量に記事を新規投稿できるわけがない。youtubeの日付と齟齬があり、明らかに工作している。言論やメディアについての常識のない人が、wordpressなどで好き勝手やれてしまう弊害だろう。
 Twitter掲示板、はてなブログなどのサービスでは投稿日時をいじることはできない。ただTwitterでも最新表示を狙った「パクツイ」は横行しているし、手間はかかるが削除→投稿し直せばブログサービスでも可能。
seolaboratory.jp
 SEOには「リライト」が有利と言われている。上記サイトによると日付だけを変えるのは意味がないらしいが。ただ「検索結果に表示されるようになる」には影響がなくても、見た人が、「あ、最新情報なんだな」と騙される面はある。内容も更新しているかはともかく、ともかくこの日付改変はSEOのテクニックとして横行している。モラルが崩壊していて、実に嘆かわしい。
swinginthinkin.com
 更新日付ではなく作成日付を更新しているが、浅ましいなあと。。「令和」の情報を加筆したなら、それは「更新」でしょ…。

リライトには二種類ある。誠実か、そうでないか

 冒頭ツイートの当該サイトの記事を見ても「投稿日」と書いてある。明らかに偽装だ。「作成日、公開日、投稿日」などの日付と更新日付が両方あれば何も問題はない。記事の中に【いついつ追記】というのは私もよくやるが、どの情報が追記したのか明記するのが誠実である。過去記事の純粋なリライトなら、頭に【この記事はいついつの記事を元に加筆修正したものです】のような但し書きがあればこれも誠実。
 SEOにしてもITネタなら水物だから、作成日は重要だ。どのみち偽装はダメだが。音楽ネタで日付が最新なことに意味があるのだろうか。
 ましてトレーナーの類の人であれば、何年やっているか・キャリアが重要なのにそれが一切わからない。最悪、「急ごしらえのパクリサイトではないか?」という疑念もわく。
 日付が古くなると見栄えが悪くなためか、日付表示が一切ないwebサイトもチラホラ見る(当然月別アーカイブ表示もない)。個人的に嫌いだが、それでも嘘の日付よりはマシである。

 SEOに勝っても、人間の信用をなくしたら本末転倒ではないか。匿名PV業者ならともかく、名前や顔を出した職業の広報でやってる人は悪手だと知ってほしい。
 この手の日付偽装はgoogle先生の対策を待つしかないが、たとえ二つの日付表示を義務付けたとしても不正はできてしまうわけで(「新規作成」だと言い張ることは可能)、ネットの日付などもう信用できないという絶望的な結論になる。
 さしあたり自衛策としては作成日付がやけに新しく、URLが文字表示(「カスタムURL」ははてなブログでもできる)で、作りが自前サイトっぽかったらwordpress業者さんなので警戒しよう。