読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたうポリゴン

魔王K++のポータル兼個人ブログです

10年以上前の就活落ちこぼれが、いま思うこと

就活 社会人


 これからシーズンなので思うところを書いてみます。落ちこぼれの敗者の弁だからこそ、役に立つ部分もあるかなと。
 …就活。嫌ですよねえ。基本、楽しくないですよね。後半はだんだんゲーム感覚になって楽しめる部分もあるんですがそれは単なる順応であり、本来いいものじゃないです。
 だがしかーし! 現実問題大学生から社会に出るにはこのしょうもないゲームをやるしかないのです。この戦いから逃げてしまった人間の方が、私が知る限りその後やばいことになってます。なので、とにかく戦って負けろ。逃げるな。という後ろ向きなエールを送りたいです。こうやってブログのネタにできるのだから、人生役に立たない経験などないのです。
 私の就活は、もう10年以上前なんですね。細かい話はまたの機会にしますが、とにかくダメダメでした。なんとか内定もらえた会社は、恩知らずにもすぐ辞めました。ただそれでも、あの時逃げずに戦ったことは無駄じゃなかった。就活の時期でしか得られない経験というのは、たしかにある。これは美化でも正当化でもなく確信しています。

 さて、就活負け組エリートの私が実践的なアドバイスできることは何一つないので、切り口を変えてメンタル、マインドセットの話だけを今回はします。就活を楽しむにはどうしたらいいのか。

  1. 仕事だと思う。時給2000円もらえるバイトだと仮定する
  2. ゲーム、RPGだと思う。いろんな業界・会社の人間と会話をする機会はそうそうない

 これです。まず1.ですが「仕事だから仕方がない」という割り切り、社会人には大事です。仕事は楽しいことばかりじゃないので。就活も、その心意気で臨みましょう。無償なのでやってられないですが、そこはバイトと仮定し、自分を騙す。そうすればメンタルを保てるというもの。
 2.ですが貴重な機会でもあるのです。大人、オッサンと会話しても基本楽しくないですが、相手をすごい人だと仮定し、記者として取材で会っていると思えばいい。そしてグループ面談などでは、他大学の学生と多少なりとも会話する機会も。これを、楽しんでしまえばいい。待合室などで、話しかけてみるのもいいですね。案外同じ立場なので仲良くなれる可能性もあります。もしかしたら異性と素敵な出会いがあるかも! という不純な動機を持つのもオススメです。

 もちろん、既に自分の一生の仕事、キャリアについて明確なビジョンがあり就活などする必要がないのならそれはそれです。ですが一般論として、この就活を通して新卒で社会には出ておくべきです。保険というより、人生経験のためです。

 少し先の話になりますが、夏を過ぎても採用はやってるので、焦らずにじっくりとですね。周りの同級生などどうでもいいんですよ、卒業したら疎遠になるだけなので。
 内定がある状態でも浮気は悪いことじゃないです。誓約書的なものを書かされたりしますが、法的根拠はないので気にしなくていいです。向こうだって、いざとなれば一方的に内定取消なんて荒技を使ってくるのでお互い様です。
 とりあえず内定先に身を委ね、残りの学生生活をエンジョイするのもいいです。入社前に真面目に資格の勉強などしておくのもいいです。すべては自分次第、人生はあなたのもの。社会人すなわち、最高に面白いゲームがこれから始まるのです。

 最後に。長く苦しい戦いですが、ご武運を。